親知らずの抜歯を水戸で痛みを感じにくく治療したい

| トラックバック(0)

夜に爪を切ると親の死に目に会えないって、自分が出かけたりしてて立ち会えないんだと思っていませんでしたか。あれは昔は夜は真っ暗でみえないから、余計なとこまで切っちゃってそこから菌が入って自分が親より先に死んでしまうという話らしいですよ。同じように、親知らずも親不孝者的な感じで、自分を痛い目に合わせやがって風なイメージを持っていました。でも実は、これまた昔の話になりますが、親が死んだ頃に親が知らないで生えてくる歯という意味らしいです。なんとなく感じていたイメージと実際に知った事実って、違うこともあって面白いですよね。こんな話も書いてくれてるHPを持ってる水戸市見川の歯医者さんでは、もちろん親知らずの抜歯を行っています。抜歯って、痛いイメージしかありませんよね。

 

親知らずの抜歯を水戸で痛みを感じにくく治療する

 

でも丁寧に説明してくれることで、不安がやわらぐこともあると思うんですよね。テクニックが優れていても、ぶっきらぼうで今からすることも説明なく始められると不安でしかありません。これからどうしたらいいのかも聞きづらいですよね。そういうストレスって、痛みにつながることもありますしね。大切なのは、患者からの信頼と確かな技術ではないでしょうかね。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、mizukiが2018年9月 3日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミディアムロングのレイヤー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30