秋の空

| トラックバック(0)

「秋の空は高い」と感じたことはありますか?秋から夏にかけて空は透明度を増します。夏は南の太平洋に中心を持つ高気圧に覆われて晴れますが、秋になると大陸から移動してくる高気圧に覆われて晴れるようになります。大陸育ちの高気圧は海育ちの高気圧に比べ、空気中に含んでいる水蒸気量が少ないため、空の青さが濃く、空が澄んで見えるようになります。春も秋と同様に大陸育ちの高気圧に覆われますが、雪や氷が融けたばかりで土や砂が舞い上がりやすくなっている春に比べ、秋は、夏の間に草が生い茂りホコリが立ちにくくなり、気温が低くなるため、地面近くにある汚れた空気の層が空の低いところに溜まる傾向があるため、春や夏よりも秋は空の透明度が高く、空が高く見えるのです。秋はこの濃く澄んだ空が、様々な形の雲で彩られます。秋の雲は特に表情豊かで、様々姿を刻々と変化させていきます。例えば「いわし雲」。いわしの群れのように見えることからその名がつけられました。この雲が現れると、いわしが大漁になる兆しだとか。魚繋がりで魚のうろこのように広がる「うろこ雲」。いわし雲よりも、ややまとまった姿です。そしてもう1つ魚繋がりで「さば雲」。さばの背の模様のようであることから名づけられました。これらの魚に関わる名前のついた3種類の雲は、実は同じ種類の雲で、「巻積雲(けんせきうん)」という種類に分類されます。細かな雲が集まってその姿を成しており、その集まり方によって、いわし、うろこ、さばと区別されています。様々な表情を見せてくれるということは、位置が変わりやすく、形が崩れやすいということ。レア度の高い空模様ということです。他にも有名なのは「ひつじ雲」。秋に見られる美しい空模様で、魚シリーズに比べ、1つの雲の塊が大きく、まるで羊の群れのように見える雲です。魚シリーズとは違い「高積雲(こうせきうん)」という種類に分類されます。美しく、変わりやすい秋の空。タイミングよくカメラに収めるのも、秋の楽しみの1つかもしれません。越谷駅から徒歩30秒のモッズヘア越谷店

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年5月29日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自動車を安く買うにはカーズゴーゴー」です。

次のブログ記事は「食欲の秋を楽しく乗り切る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30